将来性はあるの?国内の土地活用による不労所得の今後について

将来性はあるの?国内の土地活用による不労所得の今後について

将来性はあるの?国内の土地活用による不労所得の今後について

 

 

空いている土地の土地活用について考える時、最も気になるのは土地活用の将来性だと思います。今土地活用をして、果たして今後も安定した不労所得が得られるのでしょうか。定番の土地活用を中心に、最近と今後の状況を探ってましょう。

 

 

土地活用で不労所得を得る定番といえば、マンションや駐車場の経営です。特に最近人気なのは、建設から運営まで全て業者がやってくれるオーナー経営です。

 

 

しかし代変わりで不要になった田んぼや畑を利用して、オーナーになる人がここ数年でとても増えています。楽な分そういった賃貸物件が増えるため、入居者の取り合いは避けられないでしょう。

 

 

また最近は車を持たない若者が増えているため、月極駐車場は年々空きが目立つ傾向にあります。ガレージの経営ならば、駐車場としてだけでなく倉庫として貸せるという将来性もあります。

 

 

次に貸店舗を建ててテナント料を得るというのも、昔からある土地活用の方法です。テナント料は場所によっても違いますが、基本的にマンションや駐車場よりも高い不労所得を得ることができます。

 

将来性はあるの?国内の土地活用による不労所得の今後について

 

しかし最近の企業は家賃を節約する傾向にあり、あまり高い賃貸料のテナントは不人気の傾向にあります。無店舗の企業も増えていて、オフィスを持つにしても家賃の安いレンタルオフィスなどもあります。

 

 

また若者のアルコール離れから、仕事帰りに呑みにいくという習慣も減る傾向にあるため、飲食店の経営も厳しいようです。

 

 

では最近注目されている土地活用の将来性はどうでしょうか。駐車違反の取り締まりが厳しくなり、ここ数年で増えているのがコインパーキング経営です。

 

 

運営を業者に任せる方法なら、面倒なことは一切せずに収入を得ることができます。駅や学校の近くの土地ならば、将来も安定した利益が期待できます。

 

 

太陽光発電で土地活用する方法も人気ですが、こちらは初期費用を回収するには約10年はかかると言われています。その間に高層建物が建って、環境が変わるというリスクもあるので注意が必要です。

 

 

電気の価格によっても、利益が変動するため将来どうなるかは不明な点も多いでしょう。日本の高齢化社会問題で、福祉施設で土地活用する人も増えています。リスクを少なくするには、土地を貸して地代を得る方法がおすすめです。

 

 

どのように投資したとしても、将来も安定した不労所得が得られるという可能性は100%ではありません。土地活用の将来性というより土地の将来性に目を向けて、どの運用方法が最適なのか選ぶべきではないでしょうか。