土地活用で駐車場経営を行い不労所得は狙えるのか?

土地活用で駐車場経営を行い不労所得は狙えるのか?

土地活用で駐車場経営を行い不労所得は狙えるのか?

 

土地活用には様々なものがありますが、定番の土地活用法として人気があるのは駐車場経営です。

 

 

同じ賃貸経営でもアパートやマンション経営よりも、少ない初期投資で不労所得が得られるからでしょう。ここでは駐車場経営の種類や、メリットデメリットについてまとめてみましょう。

 

 

昔ながらの駐車場経営といえば、月極駐車場で賃料を得る方法です。あまり資金をかけずに土地活用したい人でも、比較的予算内で始められるため、今も安定した人気があります。

 

 

最も初期費用の安い月極駐車場は青空駐車場で、アスファルトやコンクリート舗装などをして整えると費用は高くなってきます。需要の多い地域などでは、タワーパーキングなどを建てても十分に初期費用が回収できる場合もあります。

 

 

駐車場は借地借家法が適用されませんので、事前に通告するだけで利用者には使用を停止してもらうことができます。賃貸経営の土地活用に転換したい場合でも、簡単に変更することができるのもメリットです。

 

土地活用で駐車場経営を行い不労所得は狙えるのか?

 

最近増えてきているのが、コインパーキング経営です。一般的なコインパーキング経営は、土地を貸すだけであとは業者が全て行ってくれて、毎月一定の地代を得るというスタイルになります。

 

 

初期費用もかかりませんし、パーキングの建設から経営管理まで業者任せでできますので、本当の不労所得を狙う人にはおすすめです。立地条件が良くて、毎日たくさんの車を止めてもらえる土地なら、月極駐車場経営と変わらない収入も得ることができます。

 

 

特に最近は違法駐車の取り締まりが厳しくなり、コインパーキングの需要は高まっているため、人気の土地活用法のひとつとして注目されています。

 

 

駐車場経営のデメリットは、賃貸住宅経営のように税金の減額が受けられないため、固定資産税が安くならないところです。同じ理由で相続税の優遇もありませんので、相続税対策としての効果も期待できません。

 

 

さらに最近では若い世代が車を持たなくなってきているので、月極駐車場の場合は近郊の需要をしっかり調査してから始める必要があります。

 

 

月極駐車場もコインパーキングも、土地の場所によって安定して収益が得られるかどうかが大きく違ってきます。ここにパーキングがあればいいのにと、誰しもが思うところに土地があるならば、駐車場経営に適しいるといえるでしょう。

 

 

駐車場経営は収益も賃貸住宅ほど多くは見込めませんが、その分リスクも少ないといえます。狭小地を効率よく土地活用したい人や、時代に合わせて流動的に不労所得を得たい人には、おすすめの経営方だと思います。