土地活用でトランクルームどうなの?安定した不労所得は狙えるのか

土地活用でトランクルームどうなの?安定した不労所得は狙えるのか

土地活用でトランクルームどうなの?安定した不労所得は狙えるのか

 

長期に渡って安定した不労所得を得たい人に、おすすめなのがトランクルームです。土地活用のひとつとして注目されていて、これからますます市場が大きくなっていく可能性を秘めています。

 

 

トランクルーム経営には何が必要なのか、メリットやデメリットも合わせて調べていきましょう。

 

 

トランクルームとは家や会社に入りきらない物を保管するために、契約者に収納場所を貸し出すシステムです。トランクルームの形態は屋外のコンテナ型と、建物の中のルーム型の2種類があります。

 

 

トランクルーム経営のやり方には、自分で経営する方法と業者に一括借上してもらう方法があります。自分で経営する方法では、建築と経営を自分でして、利用者の募集や管理などは業者に委託する形になり、儲かった分が自分の収入になります。

 

 

括借上の方法では、10年や20年といった期間で契約して、稼働率に関係なく安定した不労所得を得ることができます。

 

 

もっとリーズナブルにトランクルームで不労所得を得たい人には、事業用定期借地権を設定して土地を業者に貸すという方法もあります。
土地活用でトランクルームどうなの?安定した不労所得は狙えるのか

 

しかしトランクルーム業者は一括借上か業務委託を主にしているところが多く、土地だけ借りたいというのは一部の業者に限られているようです。トランクルームは一人当たりの住居の面積に比べ荷物が多いことから、市場は年々成長し続けています。

 

 

需要に比べて今は供給が少ないことも、土地活用の方法として注目を集めている理由のひとつです。狭い土地でも有効に土地活用できて、不労所得を得ることができるという利点も見逃せません。

 

 

トランクルーム経営のメリットは、利回りが平均20%と非常に利益効率がいいところです。水道もガスも必要なく、ランニングコストもさほどかからないからでしょう。

 

 

荷物の出し入れがしやすい土地であれば、日当たりが悪くても問題ありません。住居としては適さないような、騒音の多い場所でも経営することができます。

 

 

デメリットとしは節税の効果があまりないというくらいで、大きなデメリットは無いようです。ただし人気の市場なので、これからライバル会社や同業者が増える可能性もあり、集客が難しくなるかもしれないという不安的要素はあるでしょう。

 

 

住居として土地活用ができない土地を持っている人や、手持ちの駐車場の需要がなくなってきた人に、トランクルームはおすすめです。トランクルームを始めるには、まず最初にトランクルーム建設ができる土地かどうか、あらかじめ調べておきましょう。