広告看板設置で不労所得?土地活用してみるには?

広告看板設置で不労所得?土地活用してみるには?

広告看板設置で不労所得?土地活用してみるには?

 

土地活用で不労所得を得る方法には、賃貸住宅や駐車場の経営や土地売却など色々な方法があります。面倒なことはしたくないという人には、広告看板で不労所得を得るのもおすすめです。

 

 

ここでは注目の土地活用法である、広告看板設置のメリットやデメリットについて説明していくことにしましょう。

 

 

土地活用でメジャーなのは賃貸住宅や駐車場の経営ですが、立地条件に左右されたり初期費用がかかったりと、なかなか手を出せる人は限られています。

 

 

思い切って売却しようにも、狭小地や変形地などは買い手がつきにくかったりします。そんな土地を持っている人におすすめなのは、土地に看板や広告を設置して不労所得を得る方法です。

 

 

電車に乗っている時や歩いている時に、よく目立つ大きな広告や看板を目にすることがあると思います。多くの人が通る場所に看板を設置するスペースさえあれば、簡単に広告料を稼ぐことができる土地活用です。

 

 

広告看板設置の土地活用のメリットは、最低で2m幅のスペースさえあればできるというところです。駐車場をするほどのスペースがなくても活用できますし、駐車場の需要が減ってきた場所に看板を立てるという方法もあります。

 

 

また広告看板設置は、全くといっていいほどに初期費用が必要ありません。看板を作って設置する費用は、一般的には広告を出す企業が負担することになっています。

 

広告看板設置で不労所得?土地活用してみるには?

 

得られる広告料は1件につき数万円からで、大きいものだとひと月で数十万円稼ぐこともできます。契約は年単位ですることが多く、長期に渡って安定した不労所得を得ることが可能です。

 

 

また電飾などを使った派手な看板でない限り、光熱費も管理費もいらないところもメリットです。

 

 

広告看板は建築物と見なされるため、法の規制に縛られることになるのがデメリットです。建築基準法や屋外広告物法に加えて、最近厳しくなってきた景観法も視野に入れておかなければなりません。

 

 

特に自治体によっては細かい条例があるところもあるので、前もって調べて準備をしてから設置に乗り出しましょう。広告設置の仲介をしてくれる業者もいて、設置においての様々な調査から保険の加入まで全て担ってくれたりします。

 

 

立地条件のいいところに土地を持っている人は、一度相談してみてはいかがでしょうか。広告を出したい人を自分で募集する手間も省けて、余計なストレスを感じなくて済むかもしれません。

 

 

人通りのないところに広告看板を設置しても、広告を出したいと思う人は現れません。まずは自分の土地が広告設置に向いているかどうか、よく見極めて土地活用をしてみてください。