高齢者用住宅で土地活用・どんな土地に向いているのか

高齢者用住宅で土地活用・どんな土地に向いているのか

高齢者用住宅で土地活用・どんな土地に向いているのか

 

超高齢社会の日本において、増え続ける高齢者の住まいをどうすればいいのかという問題は、全ての人に共通する問題です。高齢者用住宅の建設はまだまだ需要がある中、土地活用で高齢者用住宅を建てて不労所得を得る方法にも注目が集まっています。

 

 

少子化で人口は減ってきているのに、高齢者の割合はどんどん高くなってきています。そのような流れから、土地活用でも社会貢献の一環として、高齢者用住宅の経営に乗り出す人も多くなってきています。

 

 

老人ホームや介護施設に加えて、サービス付き高齢者向け住宅の需要は高く、長く安定した不労所得を得る手段としても有効です。

 

 

経営といっても地主さんが自ら運営するのではなく、ほとんどが業者に一括借上してもらって、月々一定の賃料を支払ってもらうケースです。

 

 

普通の賃貸マンションよりも将来性があることや、立地条件がさほど影響しないことからも、高齢者用住宅経営に興味を示す人は多いようです。

 

 

高齢者用住宅のメリットは、入居率が非常に良く空室が出るというリスクがないところです。老人ホームや介護施設はどこもいっぱいで順番待ちになっている昨今、サービス付き高齢者用住宅は国の支援も受けることができます。

 

高齢者用住宅で土地活用・どんな土地に向いているのか

 

賃貸経営には適していない地域でも高齢者用住宅の需要があるため、どう活用すればいいのかわからなかった土地でも土地活用することが可能です。

 

 

デメリットとしては、提携する業者によって経営の質が大きく変わるところです。スタッフの教育がしっかりしていて、入居者が快適に過ごせるサービスを提供してくれる業者を見極める必要があります。

 

 

高齢者用住宅を建設するには、広い土地があれば立地条件はあまり問題になりません。しかし入居する人は元気で自立している人もいるので、あまりにも利便性が悪いところは少し不利かもしれません。

 

 

入居者が外出することのない老人ホームや介護施設などであれば、駅から遠い場所や商業施設のない場所でも、問題なく土地活用できるでしょう。病院や薬局などは、高齢者用住宅の中に含まれている場合もあります。

 

 

コンビニや売店を置くところもあり、これからは多種多様な高齢者用住宅が建設されることになるでしょう。初期費用は高額になりますが、長い目で見ると安定して不労所得が得られる活用法だといえます。

 

 

高齢者用住宅を建設から運営までサポートする会社は、年々増えてきています。どこの業者を選ぶかで収益にも大きな違いが出てきますので、複数の業者を比較して信頼できる業者をパートナーに選びましょう。