土地活用するならオフィスビルや商業ビルがおすすめのポイント

土地活用するならオフィスビルや商業ビルがおすすめのポイント

土地活用するならオフィスビルや商業ビルがおすすめのポイント

 

土地活用といえば賃貸マンションやアパートの経営が定番ですが、立地条件によってはもっと土地を有効に活用して不労所得を得る方法があります。ここでは収益性に優れている、オフィスビルや商業ビルの経営について、おすすめポイントを中心にまとめてみましょう。

 

 

代表的なビル経営には、ビル全体を事務所として貸し出すオフィスビルがあります。国内のビルの多くはオフィスビルとして建てられていて、企業を相手にしているため家賃の滞納が少ないことがメリットです。

 

 

次に飲食店などの商業施設に貸し出す目的で建てるのが商業ビルで、雑居ビルも商業ビルの一つです。さらに最近では診療所や薬局に貸し出す、メディカルビル経営がとても人気があります。

 

 

一般的にこれらのテナントは、同じ広さであってもマンションやアパートよりも家賃が高くなるため、収益性が高いところが魅力です。また景気のいい時期には家賃をアップすることもできるのが、アパマン経営にはない旨味だといえます。

 

 

ビルの建設は初期費用がかかるのではないかと思うかもしれませんが、ビルは内装にさほどお金をかけなくて良いため。意外と費用はかかりません。また建築基準も住居ほど厳しくないため、建築がしやすいという利点もあります。

 

土地活用するならオフィスビルや商業ビルがおすすめのポイント

 

周囲の騒音が酷くてアパマン経営は諦めたという人も、ビル経営で土地活用をすることで不労所得を得られるかもしれません。

 

事業者に貸し出すメリットには、借主同士のトラブルが少ないことや、管理費をきちんと払ってもらえることなどがあげられます。一度入居してもらえれば長く借りてもらえることも、ビル経営のおすすめポイントでしょう。

 

 

アパマン経営と同じように、ビル経営にも税金面での優遇がありますので、節税の効果も抜群です。住宅用地としての固定資産税や都市計画税の軽減措置は受けることができませんが、更地で置いておくよりは固定資産の評価額は20%下がります。

 

 

相続税対策として効果があると共に、ビルの家賃収入で現金を蓄えることができます。遊んでいる土地はたくさんあるけれど現金がないという人には、うってつけの土地活用になります。

 

 

家賃収入で相続財産は増えますが、ビルの減価償却費を経費計上できますので、所得税は節税することができます。もちろんビル経営をしたい人に、土地を買ってもらうという土地活用もあります。

 

 

質のいい事業者に借りてもらうためにも、テナント募集や管理などはしっかりした委託先に依頼するのが良いでしょう。ビルは長期に渡って経営するものなので、それぞれのビル経営を得意とする頼りになるパートナーを見つけるのも大きなポイントです。