話題の太陽光発電による土地活用の主なメリットについて

話題の太陽光発電による土地活用の主なメリットについて

話題の太陽光発電による土地活用の主なメリットについて

 

土地活用で不労所得を得る方法として、最近話題になっているのが太陽光発電です。

 

 

一般の一戸建ての家では屋根についている太陽光発電ですが、どうやって太陽光発電で土地活用をするのでしょうか。太陽光発電による土地活用のメリットについて、まとめてみることにしましょう。

 

 

太陽光発電による土地活用はソーラー経営とも呼ばれていて、ソーラーパネルを空き地に設置して蓄えた電力を電力会社に買い取ってもらう方法です。

 

 

ソーラー経営の一番の魅力は、法律で定められている固定価格買取制度により、決まった固定価格で10年〜20年電力を買い取ってもらうことができるところです。

 

 

これはエネルギーの自給力を上げるために2012年に国が始めた制度で、買取価格は毎年見直されて変化しています。

 

 

最近では太陽光パネルの初期費用が下がってきていることと、パネルの発電効率が上がってきているため、買取価格は下がっていますが、利回りとしては5%〜8%が見込まれています。

 

 

ソーラー経営は日当たりが良い場所であれば、人口が少ない地域で賃貸経営が難しい土地でも全く問題ありません。買取価格は全国同じですので、地価が安い場所ほど利回りは良くなるというメリットがあります。

 

話題の太陽光発電による土地活用の主なメリットについて

 

また青色申告で事業をしている人は、適用条件を満たせばグリーン投資減税で所得税を節税することができます。最近では空きの多い駐車場経営をしている人が、ソーラー経営に転換するというケースもとても増えています。

 

 

太陽光発電で不労所得を狙う人は多いため、ソーラー経営用の土地を探している人もいます。そういった人に土地を売却して、不労所得を得るという活用法もあります。

 

 

太陽光発電を置くには、規模や施工業者によって初期費用には違いがありますが、安くて数百万円で設置が可能です。しかしランニングコストがほとんどかからないのがメリットで、保証のしっかりした業者と提携するのがおすすめです。

 

 

年間の想定売上高を、日照時間からシュミレーションして計算してくれる業者もあるので、まずはソーラー経営に向いている土地かどうか相談してみると良いでしょう。

 

 

土地によっては日照時間が短かったり、狭すぎたりということもありますので、あらかじめ土地の調査をしておくことも大切です。北海道や東北といった雪の多い地域でも、太陽光発電は可能ですので安心してください。

 

 

太陽光発電を設置する業者を選ぶ場合は、少なくても5社ほどから見積もりを取って比較検討するようにしましょう。そして必ず実際に土地を見て、見積もりをしてくれる信頼できる業者を選んでください。