田舎での土地活用で不労所得を狙うならどんな投資が良いの?

田舎での土地活用で不労所得を狙うならどんな投資が良いの?

田舎での土地活用で不労所得を狙うならどんな投資が良いの?

 

田舎に土地を持っている人は、都会の人と同じような土地活用をして不労所得を狙っても、失敗してしまう可能性があります。

 

 

しかし田舎の土地には、田舎の土地に向いている土地活用法があります。田舎の土地活用のやり方がわからないという人は、次のような方法を試してみてはいかがでしょうか。

 

 

田舎の広い土地の活用法で悩んでいる人におすすめなのは、ズバリ太陽光発電です。太陽光発電は地価の安い土地ほど利回りが良いため、田舎にはうってつけの土地活用法です。

 

 

しかも日当たりが命なので、高い建物の少ない田舎はとても有利です。太陽光発電で蓄えた電力は、国で定められている固定価格買取制度により定額で電力会社に買い取ってもらえます。

 

 

太陽光発電の価格は以前に比べると数段安くなっているので、初期費用を抑えて安定した不労所得が見込めるというメリットがあります。さらにメンテナンス費用以外には、ほとんどランニングコストがかからないところも魅力でしょう。

 

 

田舎での土地活用としてもうひとつおすすめなのが、サービス付き高齢者住宅の経営です。普通の賃貸マンションやアパートの経営では入居者が集まりにくい田舎でも、サービス付き高齢者住宅なら経営が可能です。

 

田舎での土地活用で不労所得を狙うならどんな投資が良いの?

 

サービスを必要とする60才以上の人が対象となりますので、駅から遠かったり近くに商業施設がなくても入居者は集まりやすいでしょう。また福祉施設の需要は多いため、建築にあたっては国から建設費用の10%が補助金として支給されます。

 

 

他にも固定資産税や不動産取得税も優遇されるため、節税対策もばっちりです。一度入居すれば頻繁に引っ越しすることもないため、安定した不労所得が期待できます。

 

 

最近は定年後は都会の喧騒から離れて、穏やかに田舎に住みたいという人も増えています。そんな人たちを狙った、戸建ての賃貸住宅で不労所得を狙うのもひとつの方法です。

 

 

そういう戸建て賃貸を求める人は、定年まで真面目に働いたという人が多いため、それなりに高い家賃を設定しても需要が見込めます。同じ狙いで田舎に土地を探している人に、売却して不労所得を得るという活用の仕方もあります。

 

 

また興味がある人は、今流行りの民泊用に住宅を建てるという方法もあります。民泊は年間180日以内と決められていますが、近くに観光名所があるような田舎なら、十分に事業として成り立つでしょう。

 

 

田舎だから土地活用できないと諦めている人は多いかもしれませんが、どんな土地にも活用法は必ずあります。田舎の利点を大いに活かして、大切な土地をふんだんに活用してみてください。