土地活用で目指したい不労所得の利回り目標はどれくらい?

土地活用で目指したい不労所得の利回り目標はどれくらい?

土地活用で目指したい不労所得の利回り目標はどれくらい?

 

使っていない土地を使って不労所得を得るには、どのような土地活用をすればいいのでしょうか。土地活用は失敗するとかえって損をすることになるため、踏みだす勇気が出ないという人もいると思います。

 

 

土地活用で利益を得るために、ここでは利回り目標について調べてみます。安定した土地活用をするためには、前もって利回りのシミュレーションをすることは必須です。

 

 

利回りとは、投資に対する利益の割合のことをいいます。さらに説明すると、利回りには表面利回りと実質利回りの2つの計算方法があります。

 

 

表面利回りとは、年間の家賃収入を土地の価格で割った数値で、実質利回りとは年間の支出も加味した数値になります。

 

 

固定資産税や修繕費など実際にかかる経費を差し引いた正確な収益がわかるので、実質利回りでシュミレーションするのがよいでしょう。高い利回りをうたう業者は、単純に表面利回りで計算していることもあるので注意が必要です。

 

 

具体的な数字を当てはめて、実質利回りの計算をしてみましょう。土地代が1000万円で、年間に60万円の駐車場収入があるとします。経費は固定資産税が15万円とすれば、{(60-15)÷1000}×100となり、実質利回りは4.5%となります。

 

土地活用で目指したい不労所得の利回り目標はどれくらい?

 

駐車場経営には月極駐車場とコインパーキングがありますが、どちらも平均的な利回りは4%くらいです。マンション経営の平均利回りは5〜6%となっていますが、地域によって大きな違いがあります。

 

 

もともとある土地で駐車場経営をするならば、土地代はいらないので実質利回りが50%を超えることも可能になります。

 

 

利回りは高ければ高いほど収益が見込めますが、利回りが高い物件は家賃が高いという傾向にあります。それなりの金額を設定するには維持費も必要になるため、ランニングコストもかかることになります。

 

 

今の利回りが高くても、長い目で見てその利回りで続けられるのかという問題が発生してきます。また家賃が高いという理由で、入居者が入らないというデメリットもあります。

 

 

家賃収入の利回りを出す場合は、満室想定収入として出すことが多いので、実際は想定より利回りが下がるケースの方が多くなります。80%満室の場合や50%満室の場合など、色々な状況を想定しておく方がよいでしょう。

 

 

最低の利回り目標は立てる必要がありますが、利回りだけに縛られるのは危険だと専門家はいいます。数字だけで判断せず、色々なプロの意見を参考にするのも、土地活用で成功する秘訣ではないでしょうか。