空き家はどうしたら良い?解体それとも活用?土地活用について

空き家はどうしたら良い?解体それとも活用?土地活用について

空き家はどうしたら良い?解体それとも活用?土地活用について

 

高齢化社会が進んでいる日本ですが、それに伴って増え続けている空き家も問題になっています。誰も住まなくなった空き家は、一体どうしたらいいのでしょうか。空き家を土地活用して不労所得を得ることができるのか、色々な角度から考えてみましょう。

 

 

子供世帯が独立した後、そこに住み続けていた親も亡くなり、実家を引き継ぐ人がいない場合にその家は空き家になります。子供は別に家を建てていて、今後その家に住む予定がない時、手っ取り早く売却するという人が最も多いようです。

 

 

売却も土地活用のひとつで、メリットとしてはすぐに現金が手元に入ってくるところです。また活用していない土地や家の、固定資産税を支払う必要もなくなります。

 

 

売却で不労所得を得るときの注意点は、急いで売却しようとして安価で売ってしまわないことです。売却には約25%ほどの諸費用がかかるので、相場より安い価格で売ると損をしてしまうことになります。

 

 

空き家の築年数にもよりますが、丁寧に住んでいた家ならそのまま賃貸として活用するという方法があります。一戸建ての賃貸の相場としては約10万円が一般的なので、年間で約120万円の収入を得ることができます。

 

空き家はどうしたら良い?解体それとも活用?土地活用について

 

メンテナンスにかかる費用や固定資産税を差し引いても、安定した不労所得を得ることができるでしょう。また将来子供がそこに住む可能性がある場合、売却するより賃貸として活用する方がおすすめです。

 

 

建物は人が住まないと老朽の速度が早まるといわれています。賃貸として貸すことで、家の寿命も延びる上に収入も増えるので、まさに一石二鳥ではないでしょうか。

 

 

あまり手入れがされていなかった家や、既に長い間空き家になっている家は、老朽化が激しくリフォームしないと賃貸として活用できないかもしれません。リフォーム費用がたくさんかかるようなら、解体して土地活用するのもおすすめです。

 

 

解体費用はかかりますが、土地活用がうまくいけばすぐに回収可能な金額でしょう。土地活用の方法としては、駐車場やコインパーキングなどがあります。

 

 

駅の近くなら、駐輪場やバイクの駐車場などの需要もあるでしょう。一戸建てが建っていた広さの土地なら、トランクルームとして活用しても安定した収入が得られそうです。

 

 

空き家の活用法は、家の状態によっては手間をかけずにすぐ不労所得を得ることができます。売却するか賃貸として活用するかは、目先のお金だけではなく将来のこともよく考えて決めるようにしましょう。