住環境に向いていない土地でも有効活用することは出来るの?

住環境に向いていない土地でも有効活用することは出来るの?

住環境に向いていない土地でも有効活用することは出来るの?

 

土地活用の王道といえば賃貸住宅経営ですが、住環境に向いていない土地はどうやって有効活用すればいいのでしょうか。

 

 

もちろん住環境に向いていなくても、現在では様々な方法で土地活用をして不労所得を得ることができます。その方法について、紹介していきましょう。

 

 

住環境に向かない代表的な土地といえば、高層ビルが多く日当たりの悪い土地や、線路の近くで騒音があったりする土地です。しかし都心にこういう土地を持っている人は、不労所得を得る絶好のチャンスです。

 

 

ビルがたくさん建っているところでは、ビル経営をして土地活用するのがおすすめです。また駅に近い場所なら、コインパーキングも需要があるでしょう。人口密度の高い地域ほど、トランクルームも安定して収入を得ることができます。

 

 

車を置くにしても荷物を預けるにしても、日当たりの悪さや騒音など住環境にデメリットな条件は一切問題になりません。事業用として土地を貸すのも、おすすめの土地活用です。

 

 

次に住環境に向かない土地というと、あまりにも最寄り駅から遠い土地です。一戸建てを購入するならいざ知らず、わざわざ駅に遠いところに賃貸住宅を借りる人はあまりいないでしょう。

 

住環境に向いていない土地でも有効活用することは出来るの?

 

しかし落ち着いた場所に家を建てたいという人はいるかもしれません。納得できる価格で売れるのであれば、売却という形で土地活用するのもおすすめです。

 

 

また駅から遠い場所では車は必需品となる可能性があるため、月極駐車場の需要は安定するかもしれません。さらに最近住宅地で人気があるのが、貸し農園です。

 

 

野菜や花を自分で育てたい人は意外と多く、貸し農園の借り手は引く手数多です。近くに住宅がない場合は、資材置き場として貸すという方法もあります。

 

 

また住環境に向かない土地には、狭小地や変形地があります。住環境に向かないというより、住宅を建てることが難しいともいえます。しかしどんなに狭い土地でも、アイディア次第で不労所得を得ることはできます。

 

 

人通りの多い狭小地の活用としては、宝くじ売り場や広告看板の設置があります。どちらも1〜2坪程度の土地さえあればできて、安定した収入になります。

 

 

もう少し広い土地なら、ランチ用のワゴン車に貸し出すという方法も注目されています。狭い場所でも営業用の土地を探している人は他にもいるようで、パンや果物の販売をワゴンで行う人にも需要が期待できます。

 

 

このように住環境には向いていなくても、土地活用の方法はたくさんあります。少し考え方を変えるだけで、初期費用を抑えて安定した不労所得を得ることはできるので、ぜひ参考にしてみてください。