幹線道路沿いの土地活用をするならどんな方法があるの?

幹線道路沿いの土地活用をするならどんな方法があるの?

幹線道路沿いの土地活用をするならどんな方法があるの?

 

遊んでいる土地を活用する場合、その土地に最も適した方法を選ぶことで、不労所得に大きな違いが出てきます。

 

 

幹線道路沿いの土地は、騒音などから住宅地としては向いていませんが、収益性の高い土地活用法がたくさんあります。具体的にどんな土地活用ができるのか、紹介していきましょう。

 

 

幹線道路沿いの土地活用として代表的なものは、事業者と共同で店舗を出すロードサイド店舗の経営です。ロードサイド店舗経営の種類は実にたくさんありますが、身近なところではコンビニやファーストフード店などです。

 

 

チェーン店を探している事業者と提携することが多く、飲食店やドラッグストアの他パチンコ店も安定して顧客を動員できるでしょう。

 

 

さらに広い土地ならば、ホームセンターや家電量販店に加えてホテル経営と提携することも可能です。最大規模になると、ショッピングモールなどの大型商業施設のロードサイド店舗経営をしている人もいます。

 

 

ロードサイド店舗経営のやり方は二種類あって、一つは事業用の定期借地権を設定して、事業者に土地を貸す方法です。建物の建築や経営は全て事業者が行いますので、初期費用はかからずに不労所得を得ることができます。

 

幹線道路沿いの土地活用をするならどんな方法があるの?

 

もう一つの方法は、店舗を建築した後事業者に一括借上してもらって、毎月定額の賃料を得るリースバックと呼ばれる方法です。こちらはまとまった建築費用が必要になるため、事業者が建設協力金として建築費を無利息で貸してくれる場合もあります。

 

 

どちらの方法を選択しても、事業用の土地の契約は10年〜20年で、その後の契約は更新制になります。コンビニなど比較的規模が小さい店舗はリースバックの形式をとる人が多く、ドラッグストア規模になってくると借地として土地だけを貸す人が多いようです。

 

 

しかしロードサイド店舗経営は幹線道路沿いの土地の有効活用ですので、店舗にプラスして広い駐車場は必須になります。

 

 

そんなに広い土地がない場合は、コインパーキングとして有効活用するのもおすすめです。幹線道路沿いのメリットは、看板が目に付きやすいのと同時に入りやすいところにあります。

 

 

また道路沿いは広告看板も目に入りやすいため、広告看板設置で土地活用することも可能でしょう。立地条件によっては、地価の高い時に売却するという、土地活用を選択するのも一つの方法です。

 

 

ロードサイド店舗経営は、土地活用できるというメリットに加えて、近隣の住民の生活の向上につながり社会貢献することにもなります。その土地に何が求められているか知ることで、より成功率は高まるでしょう。