資金なしでも土地活用で不労所得を目指すことはできるの?

資金なしでも土地活用で不労所得を目指すことはできるの?

資金なしでも土地活用で不労所得を目指すことはできるの?

 

土地活用をして不労所得を目指したいけれど、アパートやマンションを建てる資金がなくて迷っている地主さんは多いようです。

 

 

しかしながら世の中には、資金なしでも始められる土地活用もあります。ここでは資金ゼロでもできる土地活用を、紹介していきたいと思います。

 

 

土地活用には初期費用がかなりかかるものから、そうでないものまで様々あります。初期費用に投資する資金が全くない人は、借入をして資金を調達するか資金なしでもできる土地活用を選ぶことになります。

 

 

賃貸住宅を建てる場合には、アパートローンという借入を利用することができます。それ以外の駐車場やトランクルームなどを経営する場合は、事業融資として借入をすることができます。

 

 

何れにしても審査を受けて、収益性が高いことが認められなければなりません。そこで最近では自分の住居と併用して賃貸を経営する、賃貸併用住宅を建てて住宅ローンで借入をする人が増えています。住宅ローンは審査もさほど厳しくなく、金利も安いのでとてもお得です。

 

 

資金なしで土地活用する方法で、最も一般的なのは定期借地権を設定して土地を貸す方法です。土地を更地で返してほしい場合は、一般定期借地権か事業用定期借地権を設定します。

 

資金なしでも土地活用で不労所得を目指すことはできるの?

 

建物譲渡特約付き借地権を設定した場合は、建物ごと土地が戻ってきます。事業用として貸す場合は10年以上、住宅用として貸す場合は50年以上安定した地代収入を得ることができます。

 

 

建物譲渡特約付きは30年以上の契約期間が満了した後、建物を買い取って引き続き収入を得ることもできます。借地契約は長期に渡る契約なので、その間は地代収入で不労所得を得ることが可能です。

 

 

借地として貸す以外には、プロに土地を委託して活用してもらう土地信託があります。信託銀行や信託会社に、10年〜30年の長期間土地を預けて運用してもらう方法です。

 

 

この場合は運用して出た利益から、必要経費と報酬を差し引きした残りが配当金として入ってきます。土地活用に関する知識が豊富なプロが運用してくれるので、投資に詳しくない初心者の人でも安心です。

 

 

しかしながら絶対に失敗しないという保証はありませんので、信頼できる信託銀行や信託会社に委託する必要はあります。支払う信託報酬の相場は、利益の5%〜20%が一般的です。

 

 

資金はないけれど色々な土地活用にチャレンジしたいという人は、借入をしてハイリターンを狙うのもおすすめです。無難に毎月安定した不労所得を得たいという人は、借地から土地活用を始めてみてはいかがでしょうか。