早めの退職が狙える?土地活用によるセミリタイアについて

早めの退職が狙える?土地活用によるセミリタイアについて

早めの退職が狙える?土地活用によるセミリタイアについて

 

超高齢社会の日本では、老後の資金に不安を感じている人も多いのではないでしょうか。また昔のような終身雇用も期待できない今、いつ退職の危機に直面するかもわかりません。

 

 

最近では土地活用で不労所得を得ることに成功して、セミリタイアを狙う人が増えているようです。

 

 

土地活用で不労所得を得るということは、特に働かないでも収入が入ってくるということです。しかし土地活用の方法によっては、そんなに収益性が高くないものもあります。

 

 

そのため土地活用はあくまでも副業として、本業の仕事は別に持っている人も少なくありません。俗に言うサラリーマン大家さんも、サラリーマンをしながら賃貸経営をしている人のことで、本業はサラリーマンになります。

 

 

でも賃貸経営は上手に運用すれば、サラリーマンよりたくさん稼ぐことも可能です。実際に賃貸マンションを軌道に乗せて、30代や40代で早期退職をした人もいるようです。

 

早めの退職が狙える?土地活用によるセミリタイアについて

 

副業として土地活用するか、セミリタイアして土地活用に専念するかの境目は、何と言っても収入が問題になってきます。しかしサラリーマン大家さんの場合は、お給料で生活すれば家賃収入はほとんど貯金として残すことができます。

 

 

例えばローンで土地活用をしていても、経費と返済を差し引いた残りが現金として残ります。その現金を元手にして新たに賃貸物件を購入して運用し、いずれセミリタイアしても十分な不労所得を確保し続けている人もいるのです。

 

 

また土地をたくさん持っている人は、手持ちの土地をフルに活用するだけで、早めの退職を狙うことはできるでしょう。

 

 

土地活用でセミリタイアするために大切なのは、いかに賃貸経営を安定させるかです。自分が躍起にならなくても、自然とお金が入ってくる金の成る木を育てなくてはなりません。

 

 

サラリーマンのお給料よりも高い不労所得が得られなければ、安心して早期退職することはできないでしょう。現在の日本のサラリーマンのお給料のピークは50代の半ばで、そこから収入は下がる一方だといわれています。

 

 

また会社によっては、年齢が上がったからといって右肩上がりにお給料が上がらない場合もあります。だからこそ土地活用で不労所得を得て、悠々自適なセミリタイア生活を目指す人が増えているのでしょう。

 

 

土地活用のセミリタイア生活を目指すには、借入も厳しくない30代から40代で土地活用を始めるのがいいでしょう。いずれ早期退職するんだというモチベーションも、夢の実現にはとても重要なことです。