不労所得を得るために土地活用への初期費用はいくらあれば良いの?

不労所得を得るために土地活用への初期費用はいくらあれば良いの?

不労所得を得るために土地活用への初期費用はいくらあれば良いの?

 

遊んでいる土地を活用して不労所得を得るとしたら、初期費用は一体いくらあれば良いのでしょうか。

 

 

初期費用が高くても収益性を重視する人や、初期費用はなるべく安い方がいい人など、それぞれ希望があると思います。土地活用にかかる初期費用をくわしく比較していきましょう。

 

 

初期費用が最も安い土地活用は、借地として第三者に土地を貸すことです。自分で借り手を探すことができれば、初期費用は0円で長期にわたり土地活用をすることができます。

 

 

仲介の不動産会社を間に挟んだ場合は、1ヵ月分の賃料を手数料として払わないといけません。自動販売機設置も初期費用が安い土地活用で、設置する土地だけを貸す場合は初期費用はかかりませんが、大した利益も見込めないでしょう。

 

 

自動販売機を購入して自分で管理する場合は、50万円〜70万円ほど初期費用としてかかりますが、売り上げは全て自分の収入にすることができます。

 

 

駐車場経営で不労所得を得る方法でも、初期費用を安くすることができます。人気のコインパーキングは、土地だけを貸す場合は初期費用は0円です。

 

不労所得を得るために土地活用への初期費用はいくらあれば良いの?

 

自分で経営する場合は、10台分のスペースで約300万円の初期費用がかかります。月極駐車場として貸す場合は、舗装の種類で異なりますが、1uあたりの土地を整地するのに約2000円〜8000円かかります。

 

 

さらに駐車スペースの線引きやタイヤ止めのブロックなどは、1台当たり15000円ほど必要になります。また車道と駐車場の間に歩道がある場合は、切り下げ工事が必要になるため50万円〜100万円の初期費用になります。

 

 

マンションや福祉施設など、土地に建物を建設して活用する場合は、初期費用がとても高くなります。特に福祉施設を建設する場合は、マンションよりも費用がかさむため、1億を超える費用が必要になります。

 

 

初期費用がかかる土地活用は同時に収益性と安定性も高く、うまく経営すれば大きなリターンが期待できます。自分で面倒なことをせずに不労所得を得たい人は、土地だけを業者に貸す方法もあります。

 

 

その場合は収入はぐっと減りますが、初期費用はかからずに安定して不労所得を得ることが可能になります。土地を活用して不労所得を得る場合、どうしてもハイリスクハイリターンになる傾向にあるようです。

 

 

最近はリスクは避けたいという人や、管理やメンテナンスも自分でしたくないという人が増えているため、一括借上で収入を得るのが人気のある土地活用のようです。