土地活用で相続税対策できる?税を軽減できる条件とは

土地活用で相続税対策できる?税を軽減できる条件とは

土地活用で相続税対策できる?税を軽減できる条件とは

 

土地などの資産をたくさん持っている人は、相続税対策として土地活用した方が良いことをご存知でしょうか。

 

 

うまく土地活用することで、不労所得を得ると同時に税金を節約できるなら、こんないいことはありません。相続税対策になる土地活用について、説明していきましょう。

 

 

なぜ土地活用することが相続税対策になるかというと、理由は3つあります。まず1つ目の理由は、土地活用で賃貸住宅などを建てた場合、実際の価値よりも建物の評価額は半分くらいになります。

 

 

2つ目の理由に、賃貸住宅を建てるとその土地は貸家建付地となるため、相続税法において減額して評価されることになります。さらに3つ目の理由として、相続税軽減措置として設けられている、小規模宅地等の特例があります。

 

 

この特例では事業や賃貸住宅に使われていた土地は、50%〜80%の相続税が軽減されることになっています。このように土地活用することで、大幅に相続税を減らすことができるというわけです。

 

 

相続税が優遇される土地活用は、賃貸住宅の経営や高齢者用の施設の経営です。賃貸住宅の経営は、自分で管理する方法とサブリースの方法があります。

 

土地活用で相続税対策できる?税を軽減できる条件とは

 

自分で管理や清掃などを行う場合は、収入は丸々自分のものになります。一方サブリースと呼ばれる一括借上の方法を選択すれば、管理や経営は業者が全て行ってくれるので、まさに不労所得を得ることができます。

 

 

老人ホームやサービス付きの高齢者住宅を経営する場合は、通常一括借上が多いようです。初期費用は非常に高額になりますが、資産家の相続税対策には最も適していて、相続税がかからなくなるケースもあります。

 

 

相続税対策の土地活用は、土地がたくさんあるのに現金がないという人に特におすすめです。土地活用のための借入は、負債として相続資産から差し引きしてもらえます。

 

 

賃貸経営は安定した利益が見込めますので、収入から無理なく返済できる借入は、効果的な節税になるといえるでしょう。しかし金利が変動して上がる可能性があることも、視野に入れておかなくてはいけません。

 

 

さらに相続税を減らすために、法人化して経営するという方法もあります。法人化は二次相続での揉め事を避けるためにも、とても有効的です。

 

 

もともと相続税がかかる人は非常に資産家で、特に土地をたくさん持っていると相続税は高額になります。土地活用と節税を上手にするために、相続税の知識の豊富な税理士さんに相談して進めるのも良い選択でしょう。