固定資産税は土地活用で節税できる?不労所得でさらに得するには?

固定資産税は土地活用で節税できる?不労所得でさらに得するには?

固定資産税は土地活用で節税できる?不労所得でさらに得するには?

 

土地は何の活用しないで持っているだけでも、固定資産税や都市計画税という税金がかかってしまいます。

 

 

それどころか土地活用しない方が、たくさん税金がかかることをご存知でしょうか。ここでは税金を節約しながら、不労所得を得る方法についてまとめてみることにします。

 

 

固定資産税とは、土地や家屋など有形の固定資産にかかる地方税のことをいいます。土地活用をしていない土地にも固定資産税はかかっていて、毎年税金を納めているはずです。

 

 

しかし固定資産税は、賃貸住宅を建てたりして土地活用することによって、6分の1に節税することができるのです。固定資産税が6分の1まで減税されるのは、一世帯あたり200uまでの部分で、それを超える部分は3分の1に減税されることになります。

 

 

さらに土地には自治体運営のため、都市計画税もかかっています。都市計画税も賃貸住宅などの建物を建てることによって、1世帯あたり200uまでは3分の1に節税することができ、それを超える部分は3分の2にすることができます。

 

固定資産税は土地活用で節税できる?不労所得でさらに得するには?

 

その上建てた賃貸住宅の固定資産税も、優遇措置で一世帯あたり40〜280uのならば3〜5年の間は、固定資産税が2分の1になるという仕組みになっています。

 

 

このように土地活用することによって、毎年の固定資産税と都市計画税が節約できるので、とてもお得だということがわかります。1億円の土地を遊ばせていたら約140万円かかる税金が、土地活用することで約23万円になり100万円以上が減額されるのです。

 

 

また賃貸住宅を建てて管理や経営を業者に任せれば、毎月決まった家賃収入で不労所得を得ることができます。収入が増えて税金を節約できるので、土地活用しない理由はありません。

 

 

中には土地を売買して、一括で不労所得を得たいという人もいるでしょう。固定資産税は1月1日時点の所有者に納税義務がありますので、年の途中で売却した時は注意が必要です。

 

 

例えば固定資産税が100万円の土地を6月末で売買した場合、買主から50万円を支払ってもらわないと損をしてしまいます。税金分を支払ってもらうことを固定資産税の精算といいますが、法律で特に決まっているわけではないので知識として知っておくことが大切です。

 

 

義務として納付している税金は、知らずにいわれるがまま払っていると、思わぬ損をすることがわかりました。減税の仕組みをよく知ることで、土地活用の有効性が理解できて、税金対策をすることができるでしょう。