賃貸経営で土地活用・アパートやマンションによる不労所得について

賃貸経営で土地活用・アパートやマンションによる不労所得について

賃貸経営で土地活用・アパートやマンションによる不労所得について

 

土地活用といえば、昔からの定番はアパートやマンションなどの賃貸住宅で不労所得を得る方法です。

 

 

しかしながら経営に踏み出すにはどうすればいいのか、リスクはないのかなどの不安を抱えている人も多いのではないでしょうか。ここでは賃貸住宅で得られる不労所得について、くわしく説明していきましょう。

 

 

アパートやマンションを建てて土地活用することは、節税しながら不労所得が得られる方法として、安定した人気があります。

 

 

遊んでいる土地に賃貸住宅を建てることで、固定資産税や相続税などの税金が軽減されることは大きなメリットです。また部屋がうまればほとんどの人は長く住んでくれるので、長期にわたって安定した不労所得を得ることできます。

 

初期投資費用が高いのがネックですが、それも相続税対策のひとつとして土地活用する人が多いようです。家賃は景気に左右されるものでもありませんので、収益力の面でも有効な土地活用だといえます。

 

 

特に一等地など固定資産税が高い土地を持っている人は、賃貸住宅で土地活用するのに向いています。初期費用がない場合でも、土地の評価額が高いと銀行の借入もしやすいからです。

 

賃貸経営で土地活用・アパートやマンションによる不労所得について

 

また利便性の高い一等地ならば、安定して高い不労所得を得ることも可能です。土地を遊ばせているだけでは現金は手元に残りませんが、土地活用することによって現金を手にすることができます。

 

 

無理のない長期返済で借入をすれば、納税資金を貯めることもできるのです。面倒な管理や経営は一切業者にまかせることができる、一括借上の賃貸経営はとても人気のある土地活用方法です。

 

 

クレーム処理や集金など面倒なことをせずに、不労所得を得ることができます。入居者の募集なども全て行ってくれるので、とても便利ですよ。

 

 

賃貸住宅を経営するには、まずが自分の土地が都市計画区内にあるかどうかが問題になります。土地のある人は、まず自分の土地にアパートやマンションを建てることができるのかどうか調べてみましょう。

 

 

さらにせっかく賃貸住宅を建てても、入居者がいなければお話になりません。そこに建設して果たして需要があるのかどうか、状況を調査する必要もあります。最も的確なのは、複数の業者に依頼して賃貸住宅のプランを提案してもらい、比較検討することでしょう。

 

 

今はネットで簡単に複数の業者にプランを出してもらえますので、利用してみるのがおすすめです。賃貸住宅経営を専門に扱っている業者の中から、業績のあって評判のいい業者を選ぶのが安全です。