広すぎる土地は賃貸併用住宅で有効活用するのがおすすめ

広すぎる土地は賃貸併用住宅で有効活用するのがおすすめ

広すぎる土地は賃貸併用住宅で有効活用するのがおすすめ

 

広い土地を持っている人の有効な土地活用として、最近注目されているのが賃貸併用住宅です。

 

 

新しいマイホームと同時に家賃で不労所得を得ることができるため、賃貸併用住宅を選ぶ人がとても増えています。人気の賃貸併用住宅のおすすめポイントを、紹介していきたいと思います。

 

 

賃貸併用住宅とは、一つの住宅の中に自分の住居と賃貸で貸す部屋がある住宅のことをいいます。最も基本的な賃貸併用住宅は、2階が貸主の住居で1階に賃貸用の部屋が3部屋ほどある形になっています。

 

 

代々受け継ぐ広い土地があるけれど、子供が独立した後の夫婦二人で住むには広すぎる場合など、土地活用として建てる人が多いようです。

 

 

ハウスメーカーなどでも賃貸併用住宅に力を入れている会社は多く、2階建てから5階建てまで幅広い住宅を取り扱っています。設計から賃貸住宅経営のノウハウまで、全てサポートしてくれるのも魅力のひとつでしょう。

 

 

賃貸併用住宅のメリットは、なんといっても住宅ローンを家賃の不労所得で返済することができる点です。例えば賃貸スペースに部屋を3つ作ったとします。

 

広すぎる土地は賃貸併用住宅で有効活用するのがおすすめ

 

家賃を10万円に設定すれば月々の不労所得は30万円となり、住宅ローンの返済以上に収益がでる計算になります。

 

 

また賃貸住宅でありながら、住宅ローン減税や住宅にかかる給付金がもらえるというメリットもあります。さらに賃貸経営することで、不動産取得税や固定資産税などの税金が軽減されるのも魅力です。

 

 

相続税がかかるほど資産のある人は、相続税の節約にもなりますのでおすすめです。また賃貸経営には定年がありませんので、老後の収入源としても大きいでしょう。

 

 

賃貸併用住宅は様々なライフスタイルに合わせられるところも、人気がある秘密です。万が一配偶者が先に亡くなった場合でも、自分が賃貸スペースに移動して広いスペースを貸すことも可能です。

 

 

賃貸スペースをファミリー向けにしておけば、将来自分の子供と二世帯住宅として利用することもできます。賃貸併用住宅で土地活用しながら不労所得を得るには、土地をフルに活かしてくれる業者に建設をお願いするのがポイントです。

 

 

アフターサービスもしっかりしていて、経営のことも気軽に相談できる信頼できる業者を選びましょう。相続税トラブル対策に詳しいハウスメーカーを選ぶのも、いい選択だといえます。

 

 

賃貸併用住宅で入居者と一緒の敷地に住むことで、中にはストレスを感じる人もいるかもしれません。自分がそのような状況に馴染めるかどうか、前もってしっかり考えて土地活用をする必要があります。