土地貸しによる土地活用の主なメリットは?不労所得も目指せるのか

土地貸しによる土地活用の主なメリットは?不労所得も目指せるのか

土地貸しによる土地活用の主なメリットは?不労所得も目指せるのか

 

全く働かずにお金が入ってくる不労所得があればいいなと、誰しも思うことでしょう。夢のような話に聞こえますが、上手に土地活用すればそれは不可能なことではありません。土地を借地として貸して不労所得を得ることは、たくさんのメリットがあります。

 

 

土地貸しで土地活用することの最大のメリットは、初期費用がほとんどいらないことです。不動産会社に仲介してもらう手数料はかかりますが、駐車場にしたり賃貸住宅を建てる費用に比べると微々たるものです。

 

 

また駐車場や賃貸住宅は、利用してもらえなければ賃料は入ってきません。土地貸しの場合は、運営状況に関わらず毎月決まった賃料が入ってくるのが魅力です。

 

 

また建物を建てた場合でも、全ての管理責任は借主にあるため、面倒な労力は一切使う必要がありません。

 

 

また借主が建物を建てた場合でも、土地の固定資産税は減額されます。このように土地貸しで土地活用することは、本当の意味での不労所得の源になるのです。

 

土地貸しによる土地活用の主なメリットは?不労所得も目指せるのか

 

土地を貸す時には、借主がその土地に建物を建てられるように借地権を設定します。契約期間が終了した時に、土地を更地で返して欲しい場合は、一般定期借地権や事業用定期借地権を設定することになります。

 

 

一般定期借地権は住宅などを建てる場合に使われ、期間は50年以上で設定されます。一度契約すると長期に渡って不労所得が得られるところがメリットです。

 

 

事業用定期借地権は店舗などを建てる時に使われ、期間は10年以上50年未満となります。最も短くて10年で土地が自分のところに戻ってくるため、何十年か後に使う予定がある場合にはその間だけ貸すことができます。

 

 

さらに建物譲渡特約付借地権というものもあり、期間は30年以上で住宅でも店舗でも建てることができます。ただし契約終了後には、その建物を貸主が買い取らなければなりません。

 

 

経営に興味がない人や、本当の不労所得にしか興味がない人にはやや不向きな契約かもしれません。借地権を設定して土地を貸す時には、不動産会社を間に挟んで契約するのがおすすめです。

 

 

契約満了時によくトラブルになるのが、建物の解体費用についてです。定期借地権の場合には、解体費用は借主が負担することになりますので、しっかりと専門家に仲介してもらって契約することが大切になってきます。

 

 

土地貸しは非常に手軽で、土地活用に詳しくない人でも比較的簡単に収入を得られる方法です。土地の管理もする必要がなくなるので、長期に渡って利用予定のない土地の活用法としてはおすすめです。